北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について (6/6)

3.日本の領海外の海域に落下した場合

弾道ミサイル発射



(1)ミサイル発射情報・避難の呼びかけ



(2)落下場所等についての情報(日本の領海外の海域に落下)
先程のミサイルは、●●海に落下した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい。

※ミサイルが日本まで飛来せず、領域外の海域に落下したと推定される場合は、上記の情報を伝達します。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察、消防や海上保安庁に連絡して下さい。
[戻る]
[情報伝達トップへ]
[トップページへ]