北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について (3/6)

1.日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合

弾道ミサイル発射



(1)ミサイル発射情報・避難の呼びかけ



(2)直ちに避難することの呼びかけ
直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難して下さい。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難して下さい。

※ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合、直ちに避難することの呼びかけを行います。 屋外にいる場合には、直ちに近くの頑丈な建物や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難して下さい。

[戻る][次へ]
[情報伝達トップへ]
[トップページへ]