内閣官房 国民保護ポータルサイト English サイトマップ 携帯サイト 印刷用PDF
ホーム   国民保護とは   有事関連法制について   武力攻撃やテロなどから身を守るために(パンフレット)   リンク

ホーム > 国民保護研修会in福岡




「平成26年度 国民保護研修会 in 福岡」が12月15日(月) パピヨン24 ガスホール(福岡県福岡市)にて開催された。1月20日に行われた福岡県国民保護共同実動訓練を見据え、「身近に潜む災害・テロへの備え」をメインテーマとしてパネルディスカッションが行われた。

日 時  2014年12月15日(月) 18:00〜19:40
場 所  パピヨン24 ガスホール
 (福岡市博多区千代1-17-1)
主 催  内閣官房/福岡県/福岡市



●主催者あいさつ

  福岡県副知事     山ア 建典

  福岡市危機管理監  大野 敏久
●パネルディスカッション
(パネリスト)
小林 良三
国立病院機構九州医療センター救命救急部部長、感染制御部部長

久留米大学医学部医学科卒業後、同医学部第一外科、同高度救命救急センター、川崎医科大学高度救命救急センター、国立病院機構九州医療センター救命救急科長を経て、2010年7月から現職。日本救急医学会専門医、同ICLSコースディレクター、日本DMAT統括、日本集団災害医学会MCLS管理世話人等。

十時 裕
福岡県安全・安心まちづくりアドバイザー

福岡大学建築学科卒業後、米国ミネソタ州セントクラウド大学都市社会工学科卒業、(株)アーバンデザインコンサルタント福岡事務所長、福岡市NPOボランティア交流センター「あすみん」センター長を経て、現在(有)プランドゥ代表。協働や住民自治をテーマに年間100を超える講演、研修を行っている。

大庭 誠司
内閣官房 内閣審議官

東京大学工学部卒業後、1983年4月に旧自治省に入省。総務省消防庁消防・救急課長、総務課長、国民保護・防災部長、消防大学校長等を経て、2014年10月より現職。内閣官房において、危機管理を担当し、国民保護に関する政府の取り組みを進めている。

藤山 泰三
福岡県総務部 防災危機管理局長

九州大学法学部卒業後、1980年、福岡県に入庁、福祉総務課長、防災企画課長を経て、2014年4月から防災危機管理局長に就任。福岡県において、市町村、消防、警察、自衛隊などの防災関係機関と連携し、大規模自然災害や重大事故等緊急事態への対応を行っている。

(コーディネーター)

佐藤 喜久二
(株)総合防災ソリューション 特任参与

1969年陸上自衛隊入隊、在ユーゴスラビア防衛駐在官、第6師団司令部幕僚長等を歴任。1999年神奈川県防災局訓練情報担当課長、同防災対策担当参事、2004年(株)総合防災ソリューション入社、2010年より現職。2011年6月茅ヶ崎市市民安全部防災担当参与。著書に「覚悟の対策本部活動、そして体制整備」など。


このページの先頭へ

内閣官房副長官補(事態対処・危機管理担当)付
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-12 TEL.03-5253-2111(代表)
お問い合わせ  プライバシーポリシー について  リンク・著作権について