内閣官房 国民保護ポータルサイト English サイトマップ 携帯サイト 印刷用PDF
ホーム   国民保護とは   有事関連法制について   武力攻撃やテロなどから身を守るために(パンフレット)   リンク
ホーム > その他 > 国民保護フォーラム2010
 
議事要旨
 
内閣官房では、日本集団災害医学会総会において市民公開シンポジウムとして、「国民保護フォーラム2010」を開催します。
>>開催趣旨などの詳細はこちらをご覧ください。
 
  詳細情報
  日 時 平成22年2月13日(土)14:00~16:00
  場 所 OVTA・国際能力開発支援センター
        日本集団災害医学会総会 第一会場(980名収容)
(〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野1丁目1番地 TEL:043-276-0211)
会場地図(PDF)会場地図(クリックでPDFファイルが開きます)
  参加費 無料
 
  プログラム
  テーマ 化学テロが起きたとき、国民の皆さんの生命をいかにして守るかについて、主に医療機関の活動に焦点を当てて議論します。テロ対策・災害医療などの各分野の専門家によるシンポジウム形式で多くの皆様とともに考えてみたいと思います。
万が一のとき、私たちはどう行動すればよいのか、専門家のみならず、広く一般の方にも示唆に富んだ内容のシンポジウムとしたいと考えています。
  シンポジウムの内容
    1.シンポジストの個別発表
    2.総合討論
    3.会場からの質疑
  シンポジスト
日本中毒情報センター専務理事  吉岡 敏治
発表テーマ:「NBC災害の現場で医療従事者が活動することの意味について」
兵庫県災害医療センター副センター長  中山 伸一
発表テーマ:「災害拠点病院・DMAT指定医療機関による化学テロ対応:平成21年度国民保護訓練からの考察」
長野赤十字病院救急部災害対策担当参事  北川原 亨
発表テーマ:「医療機関におけるNBC災害の被災者の受け入れについて(長野県国民保護訓練での日本赤十字社の医療活動から)」
徳島県危機管理部危機管理政策課長  榊 茂
発表テーマ:「徳島県におけるDMAT体制の整備状況について」
内閣官房内閣参事官  滝川 伸輔
発表テーマ:「国民保護訓練と災害医療について(NBC災害医療を中心に)」
(司会) 内閣官房NBC災害対策専門官  奥村 徹
 
  <参考リンク>
日本集団災害医学会ホームページ
http://square.umin.ac.jp/jadm/